静清地区共同宣教司牧委員会とは

静清地区共同宣教司牧委員会とは

地区レベルでの共同宣教司牧を推進することを目的とした、静岡市内5つのカトリック教会(カトリック静岡教会・カトリック清水教会・カトリック八幡教会・カトリック草薙教会・カトリック千代田教会)が加盟している委員会です。

今年で、立ち上げ19年目になります。(2019年現在)


   【右写真】5教会合同サマーキャンプ(8月横浜教区三ケ日研修センター)牧山善彦神父と子どもたち→

共同宣教司牧とは

私たちが所属する横浜教区(神奈川・静岡・長野・山梨の4県)には、83のカトリック教会(小教区)があり、静岡県にはその約4分の1である18の小教区があります。

静岡県は地域別に4つの地区に分けられ、その中の5つの教会(静岡・清水・八幡・草薙・千代田)のある地区を静清地区と呼び、これを1つの共同体と考え教会の役割を果たすまとまりを共同宣教司牧と呼びます。

チームでの宣教・司牧活動

かつては1小教区に1人の主任司祭が任命されており、1人の司祭が教会活動のほとんどの決定を行っていました。
しかし、司祭個人での指導は物理的および能力的に限界があり、共同宣教司牧ではこれを補うため複数の司祭がチームをつくり、教会の活動を「チームとしての司祭の立場」から指導します。そのため、司祭たちは個人プレーではなく、チームプレーとして共同体に関わることになります。

以前と比べて司祭数が減少している影響は教区全体におよんでいますが、その中にありながらも静清地区は比較的恵まれている方でしょう。しかし地区によっては主日に共同体が集まったとき、司祭が不在のため1~2カ月に1回のミサではなく「集会祭儀」を行う教会もあります。
「秘跡にあずかる」ことを第一に考えるなら、他の教会に足を運んでミサに参加すればいいのですが「共同体として主日に集まる」ことに意味があると理解している場合「司祭不在の主日の集会祭儀」を行うことになります。
地区が1つの大きな共同体として共同司牧を行い、小教区同士が協力し合って活動することが必要となってきいるのが今の現状です。

「静清地区の5つの共同体は1つ」という意識を持つのはなかなか難しいですが、静清地区では5つの教会の子どもたちが合同で行う夏季キャンプや遠足の計画を立てるなど、子どもたち自身が自分の教会の垣根を越えて1つになれる機会を設け「静清地区は大きな1つの共同体・1つの家族」という意識が芽生えていけるような取り組みをしています。

横浜教区静清地区懇談会
 
 11月17日(日)12時30分~15時30分
 草薙教会集会室

 梅村昌弘司教様を迎えて、静清地区5教会の代表者との懇談会が開催されました。
この日は午前中、草薙教会で堅信式が行われ、静清地区を訪問された司教様との懇談会を併せて計画されていました。この集まりには、静清地区の会長をはじめとする役員と司祭、および3部門の代表者、5教会の委員など20名の他、教区事務局長の谷脇神父様、教区評議員の吉田氏(御殿場教会)と篠崎シスター(幼きイエス会)が同席して行われました。

 最初に司教様から共同宣教司牧委員会の歩みと役割が説明され、横浜教区の現状と教区内16地区の様子をお話ししてくださいました。
 その後、静清地区の現状について各委員、担当者より報告があり、司教様からは、日本のカトリック教会の課題も含めて、各地区が抱えている少子高齢化や信徒の減少、滞日外国人との共生などについて、小教区だけで考えるのではなく、地区で共通した問題として協力して取り組むよう要請されました。



静清地区懇談会

2019年度静清地区教会報の巻頭言執筆者について

 従来、静清地区5教会では、各教会が毎月発行している「教会報(教会だより)」に、巻頭言として掲載されているメッセージは静清地区の司祭4名が交替で担当し、各教会の広報担当者に原稿を提供してきました。また、この原稿を静清地区公式ホームページにも「今月のメッセージ」として掲載してきました。
 2019年度第1回の静清地区共同宣教司牧委員会では、本年度より司祭だけではなく、各教会の信徒や活動グループの代表者にも原稿を依頼し、執筆していただくようお願いすることになりました。
 つきましては、下記本年度予定表の通り、8月号以降については教会ごとに担当者に執筆をお願いし、原稿を送っていただくようご協力をお願いいたします。

  *2019年度 教会報巻頭言執筆担当者

2019年度静清地区 主日集会祭儀予定について

 静清地区では、4人の司祭が5つの教会の司牧を担当しています。主日である日曜日や重要な教会の祝日には、どの教会でもミサが行われるよう、できるだけ均等に司祭を派遣できるようにしています。しかし年間5回ほど第5週まである月は"Happy Last Sunday"(ハッピー・ラスト・サンデイ)と呼んで、5つの教会が交互に司祭不在の際に信徒たちで祈りと聖体拝領ができる、「集会祭儀」を行うことにしています。また本年度は、それ以外の月でも各教会が年間3回程度の集会祭儀を取り入れ、信徒自ら祈る力を育てる機会としてほしいと計画しています。
    *2019年度集会祭儀年間予定表


日曜学校リーダー会

 静清地区合同教会学校
  ”冬のお楽しみ会” 
  2020年1月26日(日)11時30分~静岡教会

 静清地区リーダー会では、各教会での教会学校を通じて子供たちの信仰養成に努めると共に、静清地区5教会の子どもたちが同じ信仰に根ざした交友関係を育てるよう、「春の遠足」や「夏のキャンプ」を企画してきました。昨年より冬の企画として「たこあげ大会」を開催して夏のキャンプで会った友だちと再会する機会をつくりました。
 静岡教会のミサ10時30分から参加してもいいですし、11時30分のお楽しみ会から参加しても結構です。持ち物はお弁当・飲み物・自分のたこ(手作り・百均も可)、駿府城公園で昼食・凧揚げを予定しています。
 参加申し込みは各教会リーダーに。

2019凧揚げ大会
2019サマーキャンプ

清地区
「教会学校合同サマーキャンプ」!!

  8月5日(月)~7日(水) 2泊3日
  横浜教区三ケ日研修所(浜松市北区三ケ日町下尾奈)

  テーマ「神さまだいすき ~いっしょに祈ろう~」  
  指導司祭 高橋慎一神父様

  今年も、静清地区5教会の小学生が一緒に夏休みを過ごす、サマーキャンプがおこなわれました。自分の教会のお友達だけでなく、初めての子供たちと生活を共にし、祈り、遊び、遠足やグループ活動を通して互いを知りあうことができました。教会学校のリーダーの引率のもとに楽しいひと時を過ごしました。

カトリック関係リンク先

横浜教区横浜司教区の公式サイト
神奈川県横浜市に司教座を置くキリスト教・カトリック教会の司教区
カトリック中央協議会日本カトリック司教協議会
カトリックについての豊富な情報があり、その膨大な情報量は圧倒的です
全国のカトリック教会へのリンクもあります
静岡雙葉学園静岡雙葉学園の公式サイト
静岡県静岡市葵区に立地する学校法人で中高一貫しての女子高を運営
静岡聖光学院静岡聖光学院公式サイト
静岡県静岡市駿河区小鹿にある私立の男子中学校・高等学校(中高一貫校)を運営
静岡サレジオ学園静岡サレジオ学園の公式サイト
静岡県静岡市清水区にある私立のミッションスクールの運営
静岡聖母幼稚園静岡聖母幼稚園の公式サイト
静岡市葵区にあるカトリック幼稚園を運営
蒲原聖母幼稚園蒲原聖母幼稚園の公式サイト
静岡市清水区蒲原にあるカトリックの幼稚園を運営
八幡聖母幼稚園八幡聖母幼稚園の公式サイト
カトリック八幡教会と同じ敷地内に建つカトリック幼稚園の運営
清水聖母保育園清水聖母保育園の公式サイト
清水教会の隣にあるカトリックの保育園の運営
聖ヨゼフの園聖ヨゼフの園の公式サイト
静岡市駿河区に設立されたカトリックの老人福祉施設を運営

カトリック静清地区共同宣教司牧委員会