今月のメッセージ

ローマ教皇フランシスコのメッセージ

2020年復活祭教皇メッセージ

ローマと全世界へ2020年4月12日
親愛なる兄弟姉妹の皆さん、ご復活おめでとうございます。
 「イエス・キリストは復活された!」「主はまことに復活された!」今日、この教会の知らせが全世界に響き渡ります。
 このよい知らせは、新しい炎として闇夜にともります。それは、現代のさまざまな問題にこれまで立ち向い、そして今は大切な人類家族を脅かすパンデミックによって抑圧されている世界の夜にともります。この夜、教会の声が響きます。「わたしの希望、キリストは復活された!」(「復活の続唱」)。

 それは心から心に伝わる、もう一つの「感染」のようです。すべての人がこのよい知らせを心から待ち望んでいるからです。まさに希望の感染です。「わたしの希望、キリストは復活された!」このことばは、どんな問題も解決する魔法のことばではありません。ちがいます。キリストの復活はそのようなものではなく、むしろ悪の根源に対する愛の勝利です。つまり、苦しみと死を「飛び越える」のではなく、深淵の中に道を切り開くことによって苦しみと死を過ぎ越し、悪を善に変えるのです。それができるのは神の力だけです。

 復活したキリストは、十字架につけられたかたにほかなりません。その栄光に輝くからだには、消えない傷があります。その傷は希望が射し込む小窓となりました。苦しんでいる人類の傷をキリストがいやしてくださるよう願いつつ、キリストを見つめましょう。
 今日、わたしの思いは、新型コロナウイルスの被害を直接受けている人々、とりわけ感染症の患者、亡くなられたかた、最愛の人の死を悼んでいるかたに向かいます。なかには最期の別れすら告げられなかった人もいます。いのちの主が、亡くなられたかたをみ国に迎え入れてくださいますように。また、今も苦境にある人、とくに高齢者と孤独な人にいやしと希望を与えてくださいますように。介護施設で働く人や、一時収容施設や拘置所にいる人といった、とりわけ感染リスクにさらされている人に対する、主の慰めと、必要な助けが欠けることがありませんように。今日は、多くの人にとって、寂しい復活祭となってしまいました。人々は死を悼み、さらには身体的な痛みから経済的な問題に至るまで、パンデミックによるさまざまな苦悩に見舞われているのです。

 この感染症は、人のぬくもりだけでなく、聖体の秘跡やゆるしの秘跡をはじめとする諸秘跡から湧き出るいやしを各自が受ける機会もわたしたちから奪います。多くの国で秘跡にあずかれなくなっていますが、主はわたしたちを独りのまま放っておかれません。祈りのうちに結ばれることにより、わたしたちは主がみ手を自分たちの上に置き(詩編139・5参照)、力強く何度もこう言ってくださると確信しています。恐れることはない。「わたしは復活し、あなたとともにいる」(『ミサ典礼書』参照)。

 イエスよ、わたしたちの過越よ、医師と看護師に力と希望をお与えください。彼らは、力の続く限り、ときには自分自身の健康を犠牲にしてまで、いたるところで他者へのいたわりと愛をあかししています。人々が共存するために欠かせないサービスを確かに届けるために懸命に働いているかたがた、多くの国で国民の困難や苦しみを軽減する手助けをしている警察や軍のかたがた、そして医師と看護師の皆さんに、わたしたちは感謝と愛情を込めて思いを寄せます。

 ここ数週間の間に、無数の人々の生活が突然、変わりました。多くの人にとって、家にずっといることは、深く考える機会、あわただしい生活のリズムから抜け出す機会、愛する人とともに過ごし、一緒にいられることを心から喜ぶ機会となります。しかしその一方で、多くの人が不確かな未来や、失業のリスク、この危機がもたらす他の影響を思いわずらう時でもあります。政治的な責任を担うすべての人にお願いします。国民の共通善のために積極的に力を尽くしてください。だれもが自分の尊厳にふさわしい生活を送れるよう、必要な方策や手段を提示してください。そして、状況がゆるすなら、普段通りの日常生活に戻す手助けをしてください。

 今は無関心でいるときではありません。なぜなら世界中の人々が苦しみのただ中で、パンデミックに立ち向かうために結束しなければならないからです。復活したイエスが、すべての貧しい人、社会の周縁にいる人、難民やホームレスの人に希望を与えてくださいますように。世界のあらゆる地域の都市や周縁部に住んでいる、もっとも弱い立場にあるこれらの兄弟姉妹が独りで取り残されることがありませんように。多くの活動が停止している現在、さらに入手し難くなっている生活必需品、医薬品、そしてとくに適切な治療を受ける機会を彼らが十分得ることができますように。被制裁国の国民に十分な援助を提供する妨げとなっている国際制裁が、現状を鑑み、緩和されますように。また、すべての国が、今現在もっとも求められていることに応じる体制を整え、最貧国の収支をひっ迫させている債務を、もし帳消しできなければ、せめて軽減することができますように。

 今は、自分のことばかり考えるときではありません。わたしたちが直面している危機は、わたしたち全員を一致させ、だれも分け隔てさせないからです。新型コロナウイルスの感染が拡大した世界中の多くの地域の中で、わたしは欧州のことをとりわけ考えます。第二次世界大戦後、この大陸は、それまでの対抗意識の克服につながる具体的な連帯精神のおかげで復興しました。すべての人が一つの家族の一員としての自覚をもち、その対抗意識へと後戻りせずに、互いに助け合えるようにすることが、こうした状況にある今、これまで以上に切実に求められています。今、欧州連合(EU)はそれ自体の未来だけでなく、全世界の未来がかかっている重大な問題に直面しています。連帯を、たとえ革新的な手段に訴えても、さらに一層あかししなければなりません。さもなければ、各自の利害しか考えない利己主義や、過去に戻りたいという誘惑がはびこるだけです。そして、平和的な共存や、未来の世代の発展が脅かされるリスクが生じるのです。

 今は分裂しているときではありません。全世界における即時停戦を求める呼びかけに勇気をもって応えられるよう、わたしたちの平和であるキリストが、紛争当事者を照らしてくださいますように。今は武器を製造し、取引するときではありません。そのために費やされる莫大な資産は、人々をいやし、いのちを救うために使われるべきです。そしてさらに、今このときが、愛する国シリアでの流血を伴う長期紛争、イエメンの紛争、そしてイラクやレバノンの緊張状態に終止符をうつときになりますように。今このときが、イスラエルとパレスチナに和平をもたらす永続的で安定した解決策を見いだすために、両国間の対話を再開させるときとなりますように。ウクライナ東部の人々の苦しみがなくなりますように。アフリカの各地域で起きている大勢の無実の人へのテロ攻撃がなくなりますように。

 今は忘れるときではありません。わたしたちが直面しているこの危機のために、大勢の人を苦しめている他の危機が忘れられることがあってはなりません。モザンビーク北部カーボ・デルガード州で起こっているような深刻な人道危機に見舞われているアジアとアフリカの人々に、いのちの主が寄り添ってくださいますように。とくにリビア、さらにはギリシャとトルコの国境付近で紛争、干ばつ、飢餓のために移住を余儀なくされている難民と移住者を守ってくださいますように。その多くは、耐え難い環境下で生きている子どもたちです。レスボス島のことも忘れません。政治的、社会経済的、衛生的な窮状のために苦しんでいるベネズエラの人々に国際的な支援を行き渡らせるための、具体的で速攻性のある解決策が見いだされますように。

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、
 無関心、利己主義、分裂、忘れること、これらのことばは、今このときに決して聞きたくないことばです。それらをあらゆる時代から締め出したいと思います。恐れと死に圧倒されるとき、つまりわたしたちの心と人生における主イエスの勝利を受け入れられないとき、これらのことばが優勢になるように思われます。永遠の救いへの道を切り開くことによって、死をすでに打ち負かした主は、わたしたちの乏しい人間性という暗闇を一掃し、終ることのないご自身の栄光の日へとわたしたちを導いておられます。 こうした思いのうちに、皆さんに復活祭のお祝いを申し上げます。


「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」
          
2020年4月 日本カトリック司教協議会認可

フランシスコ教皇紋章
フランシスコ教皇訪日記念ミサ

『今月のメッセージ』 2020年 5月


”新型コロナウイルス感染症に対する
  
静清地区5教会の対応”

             静清地区共同宣教司牧推進担当司祭 和野信彦

和野神父

新型コロナウイルス感染症への対応について(第4次)

+主の平和
 4月7日、首相官邸より「新型コロナウイルス感染症については、肺炎等の重篤な症例の発症頻度が相当程度高く、国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ急速な増加が確認されており、医療提供体制もひっ迫してきているとされました」とし、緊急事態宣言が発出されました。

 期間は4月7日から5月6日までの1か月間とし、実施すべき区域は7都府県とされました。その後、危機感を強めた自治体では独自の動きが加速し、独自の緊急事態宣言が相次いで出されています。これまでの「密集、密閉、密接の回避や不要不急の外出自粛」を要請するに加えて、「出勤が必要な場合も、ローテーションを組むことなどによって、出勤者の数を最低7~8割は減らす」ことも指摘されています。このように集団感染(クラスター)を徹底的に潰すことによってのみ感染爆発(パンデミック)を回避する方法がないというのが現実です。

 教会も例外ではありません。聖堂は「三つの密」を完全に回避することは出来ません。また、信徒の方々は50歳以上の方々の割合が高く、集団感染(クラスター)が発生したときに重篤な症状に至る危険があるため、集会を持つことには慎重にならなくてなりません。

 重ねて、聖堂以外すなわち教会に来る道中において感染してしまうことも考えられます。静岡市のカトリック校園は登校中止という判断をし感染拡大を防ぐ努力をしています。同様に「ミサがないけど聖堂で祈りたい」という思いをお持ちになる信徒の方々にもどうか「外出はなるべく控えて自宅にて祈る」というご判断をお願いいたします。
 5月は聖母月とされております。わたしたちの守護である聖母マリア様が祈り続けてくださっているように、わたしたちも心を合わせて新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々、今重篤な状態で苦しんでいる方々、そして緊急事態において信仰生活の不自由さを耐え忍んでいるわたしたち信者の上に神の救いがありますようにお祈りくださいますようお願いいたします。

      【公開ミサの中止期間延長について】
          ・5月31日(日)までの静清地区教会での公開のミサを中止いたします。
          ・主任司祭はそれぞれが担当小教区のため、主日のミサを非公開にて行います。
        ・5月31日聖霊降臨の主日に洗礼式が予定されておりましたが、感染の収束状態を鑑みて各小教区において洗礼式の時期を検討し
    てください。 
                           祈りのうちに。

カーネーション


静清地区5教会


奉納


更新履歴

2018.05.01

教皇メッセージ「世界召命祈願の日」、和野信彦神父「日曜日に集まるということ」を掲載しました。

2018.05.01

新規公開しました。

カトリック静清地区共同宣教司牧委員会