今月のメッセージ

ローマ教皇フランシスコのメッセージ

教皇の日本司牧訪問
教皇メッセージ
2019年11月24日、広島平和記念公園にて

 「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」
                               
 (詩編122・8)
 あわれみの神、歴史の主よ、この場所から、わたしたちはあなたに目を向けます。死といのち、崩壊と再生、苦しみといつくしみの交差するこの場所から。
 ここで、大勢の人が、その夢と希望が、一瞬の閃光と炎によって跡形もなく消され、影と沈黙だけが残りました。一瞬のうちに、すべてが破壊と死というブラックホールに飲み込まれました。その沈黙の淵から、亡き人々のすさまじい叫び声が、今なお聞こえてきます。さまざまな場所から集まり、それぞれの名をもち、なかには、異なる言語を話す人たちもいました。そのすべての人が、同じ運命によって、このおぞましい一瞬で結ばれたのです。その瞬間は、この国の歴史だけでなく、人類の顔に永遠に刻まれました。

 この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめます。また、あの時を生き延びたかたがたを前に、その強さと誇りに、深く敬意を表します。その後の長きにわたり、身体の激しい苦痛と、心の中の生きる力をむしばんでいく死の兆しを忍んでこられたからです。
 わたしは平和の巡礼者として、この場所を訪れなければならないと感じていました。激しい暴力の犠牲となった罪のない人々を思い出し、現代社会の人々の願いと望みを胸にしつつ、じっと祈るためです。とくに、平和を望み、平和のために働き、平和のために自らを犠牲にする若者たちの願いと望みです。わたしは記憶と未来にあふれるこの場所に、貧しい人たちの叫びも携えて参りました。貧しい人々はいつの時代も、憎しみと対立の無防備な犠牲者だからです。 
                                 (中略)
 思い出し、ともに歩み、守ること。この三つは、倫理的命令です。これらは、まさにここ広島において、よりいっそう強く、より普遍的な意味をもちます。この三つには、平和となる道を切り開く力があります。したがって、現在と将来の世代が、ここで起きた出来事を忘れるようなことがあってはなりません。記憶は、より正義にかない、いっそう兄弟愛にあふれる将来を築くための、保証であり起爆剤なのです。すべての人の良心を目覚めさせられる、広がる力のある記憶です。わけても国々の運命に対し、今、特別な役割を負っているかたがたの良心に訴えるはずです。これからの世代に向かって、言い続ける助けとなる記憶です。二度と繰り返しません、と。     

                                 (中略)

 神に向かい、すべての善意の人に向かい、一つの願いとして、原爆と核実験とあらゆる紛争のすべての犠牲者の名によって、心から声を合わせて叫びましょう。戦争はもういらない! 兵器の轟音はもういらない! こんな苦しみはもういらない! と。わたしたちの時代に、わたしたちのいるこの世界に、平和が来ますように。神よ、あなたは約束してくださいました。「いつくしみとまことは出会い、正義と平和は口づけし、まことは地から萌えいで、正義は天から注がれます」(詩編85・11-12)。

 主よ、急いで来てください。破壊があふれた場所に、今とは違う歴史を描き実現する希望があふれますように。平和の君である主よ、来てください。わたしたちをあなたの平和の道具、あなたの平和を響かせるものとしてください!
 「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122・8)。

         
*日本司牧訪問教皇のスピーチ政府および外交団との懇談


フランシスコ教皇
フランシスコ教皇訪日記念ミサ

『今月のメッセージ』 2019年 11月


「あけましておめでとうございます」

                  
草薙教会信徒 望月昭博

フランシスコ教皇訪日ロゴ

 いえいえ、かなり気が早いご挨拶で、申し訳ありません。ある年の元旦のこと。私が布団の中で目を覚ますと、隣には、当時3歳の息子がいました。そのころの息子の顔はかわいらしく、こんな子どもの顔を新年の初めに見られる幸せを神様に感謝したものです。(『そのころ』だけでなく、今も感謝しています。念のため。)しばらく息子の顔を見ていると、彼も目を覚ましたので、私はにこにこしながら新年の挨拶をしました。

 「あけましておめでとうございます。」
息子もにこにこしながら挨拶を返してくれました。
 「ありがとうございます。」
 当然、息子も「あけましておめでとうございます。」と返してくると思っていた私は、思わず笑ってしまいました。布団の中で交わした最初の会話が、その年のほほえましい初笑いとなりました。(息子はなぜ父親が笑うのか分からず、きょとんとしていました。)
 
 ところが、あらためて考えてみると「おめでとう」と言われれば「ありがとう」と返すのが普通のことです。誕生日、入学、卒業、就職、結婚。どれも、言われた人は「ありがとうございます。」と返します。「あけましておめでとう」だけがお互いにおめでとうを言い合う特別な挨拶なのです。なんと素晴らしい挨拶でしょう。だれも自分だけがお祝いされたと考えず、お互いにおめでとうを言い合う挨拶。そこには「あなたにとってもおめでとうだし、私にとってもおめでとうだね。」という思いが込められているようです。

 加えて、嬉しいことに我々キリスト者は、そのような挨拶を「あけましておめでとう」以外にも持っています。「主のご復活おめでとうございます」もそうですし「クリスマスおめでとう」だってそうです。「クリスマスはあなたにとってもおめでとうだし、私にとってもおめでとうだね。」という思いで交わす挨拶なのですね。
 
 日々の中にも、そのような挨拶があります。ごミサの中で交わす、平和の挨拶です。信者の人も信者ではない人も、そこに集まっている人がお互いに「主の平和」とあいさつします。私は「クリスマスおめでとう」と「平和の挨拶」には共通する思いを感じます。我が家の息子たちは、平和の挨拶の意味を理解する前から、手を合わせてお互いに「主の平和」と言うのが楽しかったようです。私にとっても、ごミサの中で一番好きな場面です。

 以前、ベトナムの方々のミサに参加しました。そこでは「平和の挨拶」で、皆さん黙って頭を下げていました。それがベトナム流なのでしょうか。ところが、私が日本人だとわかったからでしょう、あるベトナムの方が、ベトナム人同士には無言で頭を下げ、私には「主の平和」と言いながら挨拶してくれたのです。その方の心にも感動しましたが、そうする力がこの挨拶にはあるのだということにも感動しました。

新年ポスター

     新年おめでとうございます。

幼子の祈り

天の国に入るために子供のようになりなさい。

クリスマス


更新履歴

2018.05.01

教皇メッセージ「世界召命祈願の日」、和野信彦神父「日曜日に集まるということ」を掲載しました。

2018.05.01

新規公開しました。

カトリック静清地区共同宣教司牧委員会