今月のメッセージ

ローマ教皇フランシスコのメッセージ

2019年 復活祭
 教皇フランシスコによるメッセージと祝福 

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、復活祭おめでとうございます。
 今日、教会は、最初の弟子たちが告げた言葉を新たにします。「イエスは復活されました!」そして、「アレルヤ…アレルヤ!」と神の賛美への招きが、口から口へ、心から心へと伝わって行きます。教会と全人類の永遠の若さである、主の復活の朝を迎え、わたしは皆さん一人ひとりに、最近発表された、特に若者に向けた「使徒的勧告」の冒頭の言葉をおくりたいと思います。

 「キリストは生きておられます。キリストはわたしたちの希望であり、この世界の最も美しい若さです。キリストが触れるすべてのものは若返り、新たにされ、いのちで満たされます。それゆえに一人ひとりの若者、キリスト者に、わたしは最初にこう言いたいのです。キリストは生きておられ、あなたが生きることを望まれると!キリストはあなたの中に、あなたと共におられ、決して離れることはありません。たとえあなたが離れていっても、あなたのそばには復活したキリストが新たにやり直すために、あなたを呼び、あなたを待っておられます。あなたが悲しみや恨み、恐れ、疑い、失敗などのために、年老いたように感じても、キリストはあなたに力と希望を再び与えられるのです」(「クリストゥス・ヴィヴィト」1-2)。  (中略)
 
 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、このメッセージは、同時に皆さんすべてと世界に向けられています。キリストの復活は、すべての人の新しい人生の基礎です。なぜなら、真の刷新は、常に心から、意識から始まるからです。また、キリストの復活は罪と死の隷属から解放された、新しい世界の始まりでもあります。ようやく世界に神の王国、愛と平和と兄弟愛の王国が開けたのです。

 いのちの主が、今日の多くの苦しみを前に、冷たく無関心なわたしたちの姿をご覧になることがありませんように。わたしたちを壁でなく、橋を築く者としてください。ご自身の平和を与えられる主よ、わたしたちの町はもとより、紛争地において武器の響きを止めてください。特に、経済的により発展した国々において、武装への歩み、武力の拡大を止める努力を、国の指導者たちに促してください。 墓の扉を開け放った復活の主よ、わたしたちの心を、助けを必要とする人、弱い立場の人、貧しい人、仕事のない人、疎外された人、パンや身を寄せる場所を求め、尊厳を認めてもらうことを願って、わたしたちの扉をたたく人々に向けて開いてください。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、キリストは生きておられます! キリストはわたしたち一人ひとりのため、そして全世界のための希望と若さです。キリストにわたしたちを新たにしていただきましょう。 主のご復活、おめでとうございます!
                                            2019年4月21日バチカンにて

フランシスコ教皇

『今月のメッセージ』 2019年 6月


共同宣教司牧という意識転換

                 
静岡・八幡・千代田教会  
                    
主任司祭 和野信彦神父

和野信彦神父

  静清地区に来てから丸二年がたちました。主任司祭としてもそうですが、学校法人静岡聖母学園の理事長代理と社会福祉法人聖母福祉会の理事長としての役割もあり、あっぷあっぷしながらあっと言う間に時は過ぎていきました。地区においては静清地区共同宣教司牧推進担当司祭(長くてすみません)としての立場でありますが、この立場から静清地区を振り返るといろいろな変化が出てきたように感じています。
 
 まずは共同宣教司牧の「三部門」の呼称はこれまで「第一部門」「第二部門」「第三部門」と呼ばれてましたが、この呼称では何を求められているのかが曖昧となり、結果いま何をしているかで部門の活動を限定的にとらえてきてしまいました。本来、部門の目的は「自らの力で祈る力を育てる部門」「自らの力で信仰を伝える力を育てる部門」「自らの力で神の愛を証する力を育てる部門」とされており、その可能性は教会や社会の要請に耳を傾け、信徒・修道者・司祭の共同(共働)により実現されていきます。ですので、まずは呼称を「祈る部門」「伝える部門」「証しする部門」と正確にするべきと伝えました。
 
 各部門の活動においては、「祈る部門」では来る司祭減少に向けて主日の集会祭儀を年に一回行い、主日に集う神の民としての存在を再確認する機会を得ました。そのための式次第の作成、実践にあたっての準備などはまさに小教区を越えた共同の姿です。また、司教から任命を受ける必要がある聖体授与の臨時の奉仕者のために地区研修会を企画し、近隣地区にも呼びかけて地区を越えた交わりを実現いたしました。「伝える部門」としては教会が社会に発信をしていく存在であるために、現代のツールであるインターネットを使って地区ホームページを設置しました。「証し部門」では、東日本大震災被災地へのボランティア派遣のために西部地区の方々と共に支援を続けています。
 
 こうした活動の変化の根底には共同宣教司牧を通しての意識転換が少しずつ進化しているからではないかと受け止めています。つまり、共同宣教司牧とは、①「それまでの小教区至上主義の克服(=共同)」と②「それまでの聖職者中心主義の克服(=共働)」という意識転換のために有効な制度であります。この意識転換は、ただ今までと同じことをしてきたのでは気がつくことが出来ませんし、キリスト者としての交わりの体験を通してこそ実現していくものでしょう。わたしたちは、共同宣教司牧という制度を通して「交わりとしての教会」を体験し進化しているのです。
 
 では、この交わりの体験や信仰の体験を地区の多くの信徒の皆さんと分かち合うことも必要なことと思います。これまで、この「巻頭言」は司祭が持ち回りで寄稿することになっていました。ですが、共同宣教司牧が信徒・司祭・修道者の三者における共働であるのならば、共同宣教司牧の実りを、巻頭言を通して皆さんと分かち合っていくことが趣旨に適っているように思います。つまり、「巻頭言」を司祭も信徒も修道者も寄稿することで、それぞれの立場からの交わりの体験を発信し共有することが出来ます。今後は地区の司祭、それぞれの小教区、各部門、各修道院に原稿依頼がなされるでしょう。交わりとしての教会をめざすわたしたちの一致ために、巻頭言をもって分かち合ってまいりましょう。

集会祭儀

 信徒によって行われる集会祭儀の聖体授与

梅村司教紋章

   「交わりとしての教会」を掲げる
    
横浜教区梅村司教様の紋章

静清地区5教会

 2018年静清地区5教会の公式ホームページを公開

更新履歴

2018.05.01

教皇メッセージ「世界召命祈願の日」、和野信彦神父「日曜日に集まるということ」を掲載しました。

2018.05.01

新規公開しました。

カトリック静清地区共同宣教司牧委員会