最後の晩餐

今月のメッセージ

教皇メッセージ

家庭年に向けた教皇フランシスコの呼びかけ
    『愛のよろこび』     2021年3月14日

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。
 四旬節第四主日の今日のミサの典礼は、「神の民よ、喜べ……」(イザヤ66・10参照)という呼びかけで始まります。どうして喜ぶのでしょう。四旬節の最中に、なぜそのように喜ぶのでしょう。今日の福音はこう告げています。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠のいのちを得るためである」(ヨハネ3・16)。この喜びの知らせは、キリスト者の信仰の核心です。神の愛は、弱く罪深い人間に独り子をお与えになることにより頂点に達しました。神はわたしたちすべてに、御子をお与えになったのです。

 この箇所は、同じ福音箇所に記されている、ある夜に交わされたイエスとニコデモの間の会話の一部です(ヨハネ3・14-21参照)。ニコデモは、他のイスラエルの人々と同じように、世界を力で裁くことのできる力強いメシアを待ち望んでいました。しかし、イエスは三つの姿でご自分を示すことにより、その期待を裏切ります。十字架に上げられた人の子、救済のために世に遣わされた神の子、そして真理に従う者と嘘に従う者とを見分ける光です。この三つの姿について考えましょう。人の子、神の子、そして光です。

 最初に、イエスは人の子としてご自分を示されます(14-15節)。この箇所は、人々が毒蛇に襲われたときに、モーセがみ旨に従い、荒れ野でかかげた青銅の蛇を思わせます(民数記21・4-9参照)。蛇にかまれても、その青銅の蛇を見上げれば救われました。同じように、イエスは十字架上にかかげられ、イエスを信じる人は罪から救われ、いのちを得るのです。

 次に神の子の姿です(16-18節参照)。神は御子を「お与えになる」ほどに、人間を愛しておられます。神は受肉を通して御子をお与えになり、死に渡されることを通して御子をお与えになりました。人が永遠のいのちを得るために、お与えになったのです。実際、神が御子をこの世にお遣わしになったのは、この世界をとがめるためではなく、イエスによって世界が救われるためです。イエスの使命は救済です。すべての人を救うことです。

 三番目に、イエスは「光」という名でご自身を称されます(19-21節参照)。福音はこう告げています。「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」(19節)。この世にイエスが来られたことにより一つの選択が課せられます。闇を選ぶ人は、有罪の裁きを受けます。光を選ぶ人は、救いの裁きを受けます。裁きはつねに、各々の自由な選択の結果としてくだされます。悪い行いをする人は闇を求めます。悪はいつもひそかに隠れています。真理を行う人、つまり善を行う人は、光の当たるところに来ます。そこではいのちの道が照らしだされます。光の中を歩む人、光に近づく人は、善行をせずにはいられません。光が善を行うよう導くからです。   (以下略)
                ローマ サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂にて

   「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」
          2020年4月 日本カトリック司教協議会認可

Popes Crest
フランシスコ教皇訪日記念ミサ

『今月のメッセージ』 2021年 4月


潜伏キリシタン」 


              八幡教会信徒 露無雅子

信徒発見の聖母像

   時は幕末の1865年3月17日――パリミッション会のプティジャン神父は、献堂式からひと月たった大浦天主堂(フランス寺)で浦上からやってきたという老若男女一行を出迎えました。ひとりの女性が問いかけます。「サンタ・マリアの御像はどこ?」これがのちにバチカンから〈東洋の奇跡〉と讃えられた信徒発見の瞬間でした。このドラマティックな場面は思い浮かべるたびに胸が熱くなります。ザヴィエル師が来日した頃の日本は群雄割拠の時代で、地方はそれぞれがお国でした。お国の領主は独自のキリシタン政策を行うことができましたが、天下が統一し江戸幕府が安定するにしたがって中央集権が強化され、領主たちは一挙一動を幕府から睨まれることになります。キリスト教禁制を国是とする幕府に楯突くことはできず、キリシタンの理解者だった領主もやがて弾圧者に転じ、キリシタンたちは地下組織に埋没します。宗門改が設けられ、人びとはいずれかの宗旨に属することを強要され人別帳(戸籍)がつくられました。そこには先祖が一時でもキリシタンであれば類族として男は本人から6代まで、女は3代まで記載され監視されました。それでもデウスへの信仰の灯が消えることはなかったのです。潜伏したキリシタンが長崎だけではなく、日本各地に存在していたこともまた、奇跡と呼べるのではないでしょうか。

 足掛け4年にわたって収集された『潜伏キリシタン図譜』が2020年暮れに「かまくら春秋社」から刊行されました。縦302mm横215mm厚さ60mmの815頁に及ぶ全文英語併記の図譜です。フランシスコ教皇は本プロジェクトに高い価値を認めておられ、巻頭に次のような一文を寄せられました。「…キリスト教ほか諸宗教の共同体は、弾圧が続いた260年間、数々の困難にもかかわらず祈りと洗礼を守り続けた日本の潜伏キリシタンたちの人生から、慰めとインスピレーションを得ることができるのです」。北は北海道から南は鹿児島まで全国に分布された潜伏キリシタン遺物やそれにまつわる伝承など、20余名の執筆者が地域ごとに調査したものと写真を原稿に収めました。前田万葉枢機卿、聖心女子大学学長高祖敏明神父やキリシタン史の泰斗五野井隆史氏、長崎純心大学学長片岡留美子氏という名立たる諸士の著述に末席を汚す私は、地元駿河地方と美濃・尾張地方を担当しました。(筆名宗任)

 江戸初期の駿府は、家康に謁見を望む外国人の往来で賑わう大都会でした。1614年に禁教令が公布されると、棄教に応じなかった家康の直臣原主水の受難が始まります。静岡教会の庭内に屹立する銅像からは不屈のキリシタン魂がほとばしってくるようです。かれを匿った牧ケ谷耕雲寺の住職の話は『駿河資料』や『駿府政事録』に短く載っています。家康の衣装係だったジュリアおたあの存在も際立っています。キリシタンのかくれ部屋があるお寺の存在は確証を得ることが難しく今回は割愛、また伊豆のマリア観音も割愛されました。濃尾地方では16世紀後半の初期の宣教がひとりの信徒によってなされたことは特筆に値するものです。禁教下にあってもキリシタンは信仰を守っていましたが1661年一斉摘発され「濃尾崩れ」となりました。これによって人口の半数以上が検挙され処刑された村は存続が危ぶまれて隣村と合併してしのいだ例や、働き手を失った痛手を回復するまで一世紀かかったという村の記録もあります。筆頭親藩である尾張藩は他藩の模範となるべく立場です。ゆるいキリシタン政策では幕府への申し開きが立たなかったのでしょう。意に沿わないきびしい取り締まりをせざるを得なかった為政者の苦悩もしのばれます。

 顧みて宗教の自由を空気のようにありがた味もなく享受している現代人、潜伏キリシタン興しは自らの信仰生活を再考する機会になりました。かれらの命を懸けるほどの信仰心はどこから来るものなのか?現実とどう折り合いをつけたのか? 模索は続きます。

日本26聖人

    日本26聖人殉教記念碑

日曜学校


大浦天主堂

      大浦天主堂

更新履歴

2018.05.01

新規公開しました。

カトリック静清地区共同宣教司牧委員会